特許権

最新の情報

特許権・ジョブス

「新しいものを生むには、古いものを壊さなくてはならない。妥協した継続の中に革新はない」2011年10月5日、アメリカ企業アップルの共同創業者スティーブ・ジョブス氏が他界しました。カリスマ経営者であったジョブス氏死去のニュースは日本でも大きくとりあげられました。創業当時勢いがあったアップルもジョブス氏が去った後、衰退をします。時代はウィンドウズのマイクロソフトの時代、ビル・ゲーツ氏は世界一の億万長者になっていました。アップルに復帰したジョブス氏が行ったことは新しいものの創造でした。「ウォークマン」と言えばソニーの代名詞とも言える商品です。発売当初この携帯型カセットレコーダは大ヒットしました。カセットからCD、SDチップと録音媒体は変わっても「楽曲を録音して持ち運びどこでも自由に聞ける」は支持され続けました。それを破壊したのが、iPodです。「楽曲は直接インターネットでダウンロード」ジョブス氏はビジネスモデルを根底から変えたのです。しかし本当のジョブス氏の凄いところはiPhoneの開発です。iPhoneは画期的なスマートフォーンであると同時にiPodの機能をそのまま受け継いでいたのです。iPhoneがあればiPodは必要なくなるのです。自社の製品が自社の製品を潰すことになるのです。「私がやらなければ誰かがやった」今アップルは特許権をめぐって各社と訴訟をおこしています。特にアップルはスマートフォーン関連の特許権を数多く取得しています。ジョブス氏はよく「真似された」とぼやいたそうです。真似されたという事は先頭を走っていたということです。

Page 1 of 3012345»...Last »
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi