特許権

特許権・審査官

特許庁に出願された特許案件は、特許庁の職員である特許審査官によって審査が行われます。「特許出願は特許審査官のみが審査できる」と日本の特許法に定められています。全国、全世界から出願された特許案件は技術的側面、法律的側面などの観点から審査をしなければ成りません。それだけ専門的な知識を要します。特許権には強力な独占権が与えられています。特許権は莫大な富を生みます。特許権を付与するか否かの判断は慎重かつ厳格に行われなくては成りません。平成24年度から国家公務員試験制度が変更に成り、国家公務員一種試験は廃止に成りました。東大法学部から「国家公務員一種試験」に合格して高級官僚と言う「国家公務員一種試験」が廃止に成りました。「国家公務員一種試験」合格者を採用していた特許庁では、制度変更にともない国家公務員総合職試験の合格者を採用することになりました。特許審査官に成るためには、まず国家公務員総合職試験に合格しなければならないのです。昔も今も難しいことには、変わりなさそうです。いざ特許審査官として採用されても、すぐに成れるわけではありません。3カ月の研修期間を経て、審査官補に任用され事務経験と研修を重ね数年かけて、あえて審査官に昇任します。特許審査官は国家公務員です。特許審査官の服務規律は国家公務員法に基づく所にあります。ですから当然厳しいものとなっています。特許権が付与されるまでには時間がかかります。その内容が外部にでも漏れたら大変なことですから。

 特許権・審査官  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi