特許権

特許権・実用新案

特許権とは、別に実用新案権というものがあります。特許権との違いは、「高度な技術」を求められないそうです。単純な組み合わせ、たとえば「鉛筆に消しゴム」を付けた商品とか「かかとの部分をカットした健康サンダル」とか、身近な製品は実用新案で権利を取得しているようです。実用新案権は実用新案法で定義されています。実用新案権は特許権と比べて、権利を取得する時間が短くて済みます。また費用も特許権を取得するよりはるかに低く抑えられています。街の発明家が高額で時間がかかる特許権を取得するより現実的です。「家庭の主婦が考え出した便利グッズが大ヒットとして何億も稼ぎだした」と言う話は巷に沢山あります。何気なく「フッ」と思い付いてアイディアなど特許権を取ろうとは思わないですが、実用新案なら身近に感じます。それでも実用新案権を取得するのにもそれなりに知識が必要です。特許権と比べて安いといっても費用はかかります。出願手数料は14000円、登録料は毎年かかります。弁理士に依頼すると安いところでは、10万位から20万位の間で登録ができるようです。もちろん弁理士を利用せず自分で登録すれば費用はもっと安くなりますが、それなりに専門知識が必要になってきますし申請書等が結構面倒なようです。慣れるまでは弁理士に依頼する方が無難です。一攫千金を目指すなら、とりあえず、良いアイディアは書き留めておきましょう。そして、してはいけないことが一つあります。それは「自分のアイディアを決して他人には話さないこと」・・・大事ですよ。

 特許権・実用新案  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi