特許権

特許権・意匠権、商標権

知的財産権の一つに意匠権というものがあります。意匠権とは、物品の形状・模様・色彩・デザインの創作の権利・工業的デザインの権利保護を目的にしています。意匠権の登録も特許権同様・特許庁に出願して審査を受けることになります。また同じ知的財産権のもう一つに商標権と言うものがあります。商標権は文字や図柄、記号、色、形状等において独自の商品として他社の商品と区別して独占的に使用できる権利、簡単に言えば会社名や商品名を独占的に使用できる権利であります。この商標権も同様、特許庁に出願します。新しい会社を興そうとして法務局にいきますと先に「同じ会社名」が登録されていないか調べます。「同じ会社名」があると登記できません。しかしこれはあくまでも、同じ市町村(区)内のことです。商標登録となれば日本国の商標権者となりますから、どこの市町村(区)にこだわることなく有効に成るわけです。特許権においても、また意匠権、商標権においても、オリジナルの技術、商品に独占的に権利を与えるものです。最初に考えた人にその権利を与え、発明、開発の意欲を促すための保護になればよいのですが、商標権などは、中国や韓国で商標権ビジネスなるものが話題に成っています。他国の商品、あるいは地名など商標登録をして、その国においての商標権をとっておこうというものです。これはお互いの為に成りません。健全な産業の発展にもつながりません。特許権、及び意匠権、商標権等知的財産権はあくまでも先駆者に敬意を払うものであるのが理想なのではないでしょうか。

«  特許権・意匠権、商標権  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi