特許権

特許権・知的財産権

特許権は知的財産権ですが、知的財産権の種類は結構あります。大別しますと、知的創造物についての権利と営業標識についての権利になります。知的創造物についての権利の種類がまた多数あります。
□知的創造物についての権利
1、特許権・・・・・・・・特許法(発明の保護)
2、実用新案権・・・・・・実用新案法(物品の形状等の考案を保護)
3、意匠権・・・・・・・・意匠法(物品のデザインを保護)
4、著作権・・・・・・・・著作権法(文芸、芸術、美術、音楽、プログラム)
5、回路配置利用権・・・・半導体集積回路の回路配置に関する法律(回路配置の保護)
6、育成者権・・・・・・・種苗法(植物の新品種を保護)
7、営業秘密・・・・・・・不正競争防止法(ノウハウや顧客リストの盗用など規制)
□営業標識についての権利
1、商標権・・・・・・・・商標法(商品・サービスに使用するマークを保護)
2、商号・・・・・・・・・会社法、商法(商号を保護)
3、商品等表示、商品形態・不正競争防止法(以下の不正競争行為を規制)
特許権、実用新案権、意匠権、商標権を産業財産権としています。特許権同様に訴訟の数が多いのが著作権です。著作権といっても、これがまた権利の種類が多岐にわたります。知的財産権は有対物に対しての財産権とは違い、無形のものに対して成果・業績を認めた権利、および表現や技術によって得られる権益を保証するものであります。時には莫大な利益を生む知的財産権は時には、いわれのない訴訟の対象にさらされることが多々あります。

«  特許権・知的財産権  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi