特許権

特許権・日本の発明家

日本の十大発明家とは、1885年(明治18年)4月18日「専売特許条例」公布それから100年、それを記念しに1985年(昭和60年)4月18日「発明の日」に特許庁が日本を代表する発明家を10名選出しました。
□豊田佐吉・・・自動織機
□御木本幸吉・・真珠養殖
□高峰譲吉・・・アドレナリン
□池田菊苗・・・グルタミン酸サトリウム
□鈴木梅太郎・・ビタミン
□杉本京太・・・邦文タイプライター
□本多光太郎・・KS鋼
□八木秀次・・・八木・宇田アンテナ
□丹羽保次郎・・NE式写真電送機
□三島徳七・・・MK鋼
世界最高水準の技術を誇り、日本の産業を発展させた彼らはただの発明家ではありませんでした。起業家であり、実業家でもあったのです。発明と特許とは認識が若干違います。発明という大きな枠組みの中で産業に利用できるだけの価値を持つものが特許であり、その権利が特許権であります。発明がただの発明で終わるか、特許を取得して産業に多大な貢献ができるか、それによって発明の価値も変わってくるという事です。門外不出の秘伝と言うものがあります。何百年、一門だけで守り続けた秘伝です。一門以外には公開されないわけです。特許制度とは発明者・開発者を保護する反面、この特許出願案権は公開されます。特許権の効力の原則は他人の利用を止める事ですが、特許権者が承諾すれば利用できます。もちろん特許権者との契約をもって使用料を支払わなくては成りません。しかし技術は開示され、特許権者の理解さえ得られれば利用できるわけです。

«  特許権・日本の発明家  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi