特許権

特許権・主婦の発明

特許権より取得をしやすい実用新案権で主婦の方々が何十億も稼いでいるという話をよく聞きます。実用新案権は特許権に比べると専門的な知識がそれほど必要ではありません。そのため身近な商品については向いているようです。また取得までの時間も短く審査も容易です。手軽に趣味の領域から入っていけるので主婦の方々や街の発明家の方々には適しているものと思われます。とはいえ、素人がどうやったら実用新案権を取得し、またそのアイディアを企業に売り込み製品化することができるのでしょうか、初めはどこからどう手を付けていけば検討も付かないでしょう。アイディアはすぐ浮かびます。例えばハンガーです。スーツの上下をかけるハンガー、ハンガーは下のバーにパンツを引っ掛けてから上着を掛けるようになっています。しかし人はパンツをはいてから上着を着ます。逆に脱ぐとき上着を脱いでからパンツを脱ぎます。そこで上着を掛けてからパンツを引っ掛ける、ハンガーがあれば、着る時も脱ぐときも楽なはずです。これは私が中学生のときに考えたアイディアです。実用新案権も取ってはいないし、製品化もされていません。アイディアは他人の失笑さえ我慢できればいくらでも出てきそうですが、素人がいきなり実用新案権を取得して製品化するのは至難の業です。発明推進協会という社団法人があります。発明推進協会では弁理士の方に相談できます。また発明学会ではもっと気楽に参加ができ、発明好きの人が集めるコミュニティー的な役割を果たしています。

«  特許権・主婦の発明  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi