特許権

特許権・特許庁

特許権は、特許法による「産業上利用できる発明を保護」の為に、設定された権利です。特許法は独占的な権利の範囲を定めます。「これは私の発明です」と主張します。では、なにをもってその発明があなたのものと承認されるのでしょうか。それを付与するのが特許権であり、特許法なのです。日本の特許権は「先願主義」です。最初に出願した人に権利が与えられます。早い話が「早い者勝ち」です。いち早く届け出をしたものが特許権を取得できます。子どもの頃、発明家は英雄でした。小説にも漫画にも出てきます。新しいものを発明する偉人に憧れたものです。人は想像します。新しいものを発見、発明するのです。それを誰かが保護しなければ発見、発明は人の想像力とかけ離れたところに存在してしまいます。新しい事を考えるより、誰かのアイディアを盗用できるのであれば、誰も新しい事を考える努力はしません。日本における特許権は経済産業省所管の特許庁が承認します。特許庁は東京の霞が関にあります。16階建てのそのグレーのビルの中で日本の特許権が今日も承認されています。ただ特許権を取得するのには、結構時間がかかるようです。出願してすぐに承認、付与されるわけではありません。特許権が一回付与されれば、その後20年間はその出願した人のものとして保護されます。ただ年数が経ち特許権が切れても、その発明者には特別なものであることには変わりありません。人類の発展に少なからず貢献できたわけですから。

 特許権・特許庁  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi